「松田家」

0
    松田家

    これは「松田家」という題名のイラストです。
    制作者は田畑舞子氏、現在東京で活動中ですが盛岡出身でかつて少女時代に訪れた親戚の家を思い出しながら描いたそうです。
    私は、この絵が一目で気に入ってしましました。無理にお願いして
    ブログアップの許可をいただきました。
    ながめていると心が安らぎます。なぜでしょう?
    昭和30〜40年代の生活風景、レトロなノスタルジー・・・それだけではありません。えん側のガラス窓、居間の障子といった窓まわりの建具に歴史的興味を感じました。
    日本の近代史の幕開け、1868年戊辰戦争の後、明治時代に入り政府は西欧文明を積極的に導入しました。やがてあらゆる異文化が怒涛のように日本に入って来ました。
    制度、言語、思想、歴史、文化、科学、医学・・・そして衣食住へと。
    建築においても木造軸組工法からレンガ等の組積構造へ、床は木材、畳から陶製タイルにじゅうたんへ。窓は木戸と障子から上部半円小窓のガラス窓にカーテンへと。・・・あらゆる素材、工法、室内装飾において変化が生じました。
    ところが、やがて双方の利点を組み合わせて和洋折衷の住居をつくりあげていったのです。このイラストには、そんな日本人の工夫力が見事に現わされているように思います。
    えん側の明るいガラス戸は、かつて重く暗い木戸でした。
    室内の障子は直射の光を和らげる日本古来のインテリアですが、
    真ん中にはめ込みガラスを入れることで、室内に開放感とモダンなデザインを演出しているのです。
    盛岡市内は、明治17年の河南大火以降災害も少なく、また先の大戦でも大きな戦火をまぬがれたのでイラストのような木造の住宅や明治・大正時代の古い町屋もたくさん残っています。
    あなたのまわりの地域の歴史や文化を見直して普段の生活やインテリアに取り入れる工夫をしてみませんか?

     


    麻100%のプレーンシェード・スクリーン

    0


      和風づくりの新邸T様のお宅

      リビングの吹き抜けに麻100%のシェードを取り付けました。

      外からの光で織り糸が透けて見えます。

      手すきの和紙のようなあたたかい雰囲気のインテリアになりました。

      操作は、電動式で階下からリモコンで操作できます。

       



      洗面所の小窓にも麻のシェードを付けました。

      ベージュ地にリーフ柄を緑の糸で刺しゅうしたデザインです。

      途中まで降ろして少し陽ざしを和らげます。

       



      *アカシヤでは、麻100%のシェードやカーテンを取り揃えています。

      20138月  N.U



      麻100% ウイリアム・モリスのスクリーン

      0

          マンションにお住まいのK様宅。
        リビングダイニングとキッチンの間にスクリーンを設置しました。
        使用した布地は、1876年 W・モリス デザインのハニーサックル&チューリップ。
        素材は、麻100%です。(上下のバーは鉄製ー南部鉄器で制作可)
         
         昨年2011年は、モリス商会設立150周年にあたり「アーカイブ コレクション」
        が発表されました。「いちご泥棒」をはじめ、ウイリアム・モリスの愛したデザインが、再び制作、発売されています。
        当店アカシヤでも現品を多数 カーテン展示しております。
        お電話いただければ、見本持参の上、提案におうかがいいたします。
        (岩手県内及び、青森県八戸市まで)




        WTアドバイザー
        2012,3,20  浦辺 佳子
         



        希望の虹のかけ橋

        0
           
           2011年は、大自然の脅威をまざまざと見せつけられました。
           自然は時に激しく、時に美しく、瞬時々に異なった姿を見せてくれます。  
           2011年、新しい年2012年直前の12月5日、雫石町小岩井付近を走
           行中、虹の大きなアーチを見ることができました。 
           その日は、風雨と晴天がかわるがわるやってきて心落ち着かない1日でした。
            午前11時20分頃突然道路正面、小岩井農場にかかる虹に遭遇しました。
           ちょうど中央に岩手山(2049m)という構図。
           わずか、3〜4分の大自然のイベントに感動しました。
           


           この写真を見たあなたは、新しい年の夢がかなうにちがいありません。
                                      アカシヤ N・U


          すばらしき!ウインドートリートメント

          0
             
             盛岡市の高台にあるA様邸、リビングから円形にせり出したコーナーの7つの窓から時間帯で変化する外の景色が楽しめるステキな設計です
            シースルータイプ、グレー系の柄物ロールスクリーン(タチカワ、RS-4606)と合わせて
            上部のロール巻き上げ部分にバランス(マナトレーディング、クラリッジ)を提案。
            「昼、夜とも気品ある雰囲気になり満足」と喜んでいただきました。










            すばらしき!ウインドートリートメント

            0
               
               写真は、北海道、美瑛町のラベンダー畑のパノラマ写真です。
              大きさは、巾7メートルX高さ2,5メートル。
              見ているだけでさわやかな気分になってきます。
              5枚の薄い布地にプリントされたものを組み合わせて設置しました
              場所は、盛岡市 Tクリニック・リハビリセンター1階です。
              バス通りに面した(夏は特にやっかいな)西側の大きなガラス窓から差し込む西日が、光源です。
              オーナーのすばらしきアイデアに脱帽。
              設置方法は、かんたん。
              マジックテープ付きバランスレール(トーソー製)を天井に取付け、布地の上部にマジックテープを縫い付け、張り付けただけです。




              東日本大震災レポート機2011,5,5UP)

              0
                 このたびの東日本大震災による甚大な被害に対し、被災された皆さまやご家族様に心よりお見舞い申し上げます。
                 
                 2011,3,11 14:46 私は、店舗の2階事務所でパソコンに向かっていました。肴町商店街では、春のイベント、ワゴンセール中で買い物客がのんびり歩いていました。突然の大きな横揺れで外に飛び出したところ、アーケードが、ギシギシと大きな音をたてて揺はじめました。
                棚の商品が崩れ落ち、店員やお客が道路に飛び出し、若い女性が震えながらうずくまって泣き出していました。
                やがて、照明が消え屋内は真っ暗になりました。
                駐車場の車のラジオで盛岡市震度6弱。震源地は宮城県沖、震度M9,0と報じられ、沿岸に大津波警報が発令されました。
                そして、岩手、宮城、福島に大津波襲来の報が次々と入ってきたのでした。
                あの悪夢の大地震の日から2か月をむかえようとしています。
                その間も想像を絶する大津波の被害、停電、断水、余震、ガソリン不足、そして原発事故による放射性物質の拡散・・・と、まだまだ終息には時間がかかるものと思われます。
                 
                 私に今できることは何か?と考えてみました。
                それは、店を開き、カーテン屋の本業に徹することが、最善と思っております。休みの日は、甚大な被災地、山田町で避難所の環境整備のお手伝いをさせていただいております
                4月29日は、船越の大浦漁村センターの窓7ヶ所に防炎カーテンを、豊間根中学校体育館に女性の着替えコーナーを設置してきました。
                これからも、通い続けてまいります。
                 
                 一方で私もまた、被災県ということで、日本中の多くの方々からお見舞い、励ましをいただきました。ありがとうございます。この欄を通じて心よりお礼申し上げます、がんばります!!




                山田町船越の避難所、大浦漁村センター。窓7ヶ所にカーテンを設置してきました。




                山田町豊間根の避難所、豊間根中学校体育館。女性の着替えコーナー(2mX4m)を設置。



                このコ-ナー組み立てのタテ、ヨコの支柱は、紙菅。東京都   世田谷区の坂茂建築設計さん考案の「避難所用間仕切りシステム」。4月19日、7名のボランティアスタッフによる組み立て指導と共にトラックっぱいの資材を大槌町、山田町へ提供していただきました。コーナー前の右は私。左は沖縄石垣島からきたボランティアの安西さん。           
                                             2011,4,29撮影

                 (2010,11ブログクイズの答:]促織鵐広∋盈てカゴ水差し)


                奥州街道アンチーク市

                0
                  2010年11月21日 秋晴れの日曜日、盛岡市紺屋町の風景。
                  紺屋町では、毎年4月より11月迄の第3日曜日、アンチーク(アンティーク)市が開かれています。今日は今年最後の市、いつもに増して賑わっていました。



                  市内外の古道具屋さんを中心に衣類や手づくり雑貨のフリーマーケットを交えて、南北約350mの路上や駐車場にいろいろな品物が並びます。



                  写真は、五分団番屋向いの東北電力 岩手支店前。
                  ななめ向いは、南部せんべいの老舗の白沢せんべい店です。
                  中津川側の紺屋町には、巴染工、菊の司酒造の酒蔵、森八商店、ござ九、南部鉄器の釜定・・・と昔ながらの佇まいを残したお店が、たくさんあります。
                  おなじみさんが、ブラブラ歩きながら掘り出し物を探していました。



                  実は、わが店アカシヤの「和」コーナーにも こうした所から手に入れた備品が、
                  4点ありますが、わかりますか?
                  答えは、次回のブログでご紹介します。おたのしみに…

                  盛岡は、11月16日、チラチラ白いモノ(雪)が、上から落ちてきました。
                  当日、厚いコートを着て上京したのですが、東京は暖かく コートを手に持って歩き回ることとなりました。
                  北東北では寒い冬が、すぐそこまできています。
                  皆さまのところは、いかがですか?
                  季節の変わり目、くれぐれもご自愛のほどを…              (N・U)


                  W・モリスのレース、新発売

                  0


                     2010年3月、ウィリアム・モリスのレース生地が新発売されました。
                    上の写真は、その中のひとつ「デイジー」。
                    1864年、モリス初期のデザイン。
                    当時、壁紙を始めタイルやステンドグラス、刺繍にも使われました。
                    早速、バランス付きのプレーンシェードに加工してみました。
                    とってもアットホームな雰囲気に仕上がりました。(自画自賛!?)
                    <デザイン、制作は、アカシヤの堀江が
                    担当>


                    岩手県公会堂にカーテンを納めました

                    0
                      公会堂大ホールの写真
                      2010年3月、盛岡市内丸の岩手県公会堂の改修工事が、行われました。



                      大ホールのステージ幕の制作、設置を当店が担当させていただきました。



                      昭和2年(1927)完成の歴史的建造物改修への参加は、光栄の極みです。
                      足場を組み、6、5メートルの高さでの取付け作業の最中、小さな黒いモノが、二つ、ヒラヒラと飛びかっていました。
                      何だろう?チョウ、蛾にしては季節が違う。鳥の飛び方とも違う。
                      良く見たら「コウモリ」でした。
                      屋根裏に巣でもあったのでしょうか?
                      なぜか、かわいそうな気持ちがわいてきました。

                      下の写真、えんじ色のドレープとレースカーテンの部屋は、創建時、県会議事堂に使われていたそうです。(デザイン、制作共アカシヤで担当)